乳輪色素除去 | 美容整形外科・美容皮膚科の大宮中央クリニック

乳輪色素除去

当院では、平成27年12月に北関東で初導入、1台目となる、
最新のピコ(Pico)レーザーエンライトン(enlighten)を導入しました。
ピコレーザー
近年『ピコレーザー』とよく耳にしますが、ピコレーザーと一言でいってもプラットフォームの違いがあり機械はメーカーによって全く違うピコレーザー機になります。
ピコレーザーには、ピコウェイ・ピコシュア・エンライトンがあり、当院では後者、キュテラ(CUTERA)社のピコ(Pico)レーザーエンライトン(enlighten)を導入しました。
ピコレーザー01 ハンドピース

ピコレーザーによる色素除去

ニップルピコレーザートーニングとは…

今まで難しかったレーザーによる乳輪色素除去を、キュテラ社エンライトンを用いたピコレーザートーニングが可能としました。

低出力の波長を均一に照射することにより、穏やかにメラニン色素を除去するので、強い刺激での炎症(色素沈着など)を抑えながら症状を改善します。

ニップルピコレーザートーニングの治療間隔

治療後はメラニンが排出されるまでに数週間を要するため、症状や反応にもよりますが、基本的には2~3週間隔で5回~10回(1クール)の治療をお勧めいたします。

※治療間隔を短くしたり、治療回数を増やしたりしても、色調が薄くなるわけではありません。

内服治療も行っている場合は、治療期間中も続けて頂きます。

ニップルピコレーザートーニング治療が受けられない場合がある方

・日焼けしている方

・刺激性の高い皮膚状態の方(アトピー、蕁麻疹、アレルギー等)

・妊娠中、授乳中、経口避妊薬を内服して

・創傷治療に問題のある方

・抗凝血剤を服用している方

ニップルピコレーザートーニング治療が出来ない方

・金製剤の服用歴がある方

・治療部位に金の糸を入れている方

・光感受性の強い方(光アレルギー等)

・光感受性を増強させる薬剤を服用している方

料金表

1回 5回 10回
ニップルピコレーザートーニング ¥19,800 ¥79,000 (¥15,800) ¥108,000 (¥10,800)
相談受付 予約受付

外用薬による色素除去

トレチノインとは…

乳輪の黒ずみはなかなか人には言えない大きな悩みの1つです。バストの大きさ、乳輪、乳頭の大きさ、形のみならず、色もバストの美しさを決定づける要因の1つとなります。ではなぜ乳輪は黒くなるのでしょうか?生まれつき黒ずんでいる場合もありますが、思春期や思春期以降のホルモンバランス、洋服や下着の摩擦、他には妊娠や授乳によって濃くなる場合があります。トレチノイン治療は自宅で塗り薬を使い色素沈着を改善する事で、色素を薄くする事が可能となります。

ビタミンAの誘導体の事で、生理活性はビタミンAの約100~300倍もあると言われています。ビタミンAは代謝を促進したり、皮膚の細胞を増やしたり、新しい皮膚の生まれ変わりを促す効果があり、この吸収力を高めたものがトレチノインとなります。トレチノインはしみ(シミ)、ニキビ、ニキビ跡、色素沈着、乳輪の黒ずみの治療用のクリームとしてFDA(日本における厚生省)に認可されている安全性の高いものとなります。これを使用する事により、古い角質をはがし、表皮の細胞を分裂・増殖させ、皮膚の再生を促します。

一般的に皮膚が生まれ変わるサイクルは、表皮の一番深い層で生まれた細胞は次第に皮膚の表面に押し上げられて角質となり、それがはがれおちるまで通常4週間かかります。この再生サイクルをターンオーバーといいます。ターンオーバーの周期が遅くなると角質がたまり黒ずみの原因になると言われています。

トレチノインを使用する事で、通常4週間の皮膚のターンオーバーが2週間に短縮する事が出来ます。他には皮脂の分泌を抑える作用や、コラーゲン、ヒアルロン酸の産生を促す事で保湿や皮膚のハリや小じわの改善をもたらす作用があります。

元々誰もが血液中にごく微量流れているものですので、アレルギー反応や、抗原抗体反応を起こしたりする事はありません。トレチノインは分解しやすく不安定なため、月に1回新しいものに変え、冷暗所保存が必要となります。トレチノインは強力な作用がある為、皮膚が赤くなったり、ぽろぽろ角質が剥がれやすくなる為、使用する目的や生活に合わせて使い方を考える必要があります。当院では、東大病院と同じ方法でトレチノイン・ハイドロキノンを用いた肌の治療を行っています。

ハイドロキノンとは…

非常に強力な漂白剤の事を言います。ハイドロキノンはメラニン色素を合成する酵素(チロジナーゼ)の働きを弱める作用があり、更にメラニン色素を作る細胞(メラノサイト)の数を少なくし、しみ(シミ)・ニキビ跡・色素沈着・乳輪の黒ずみを薄くしたり、出来ないよう予防する働きがあります。

ハイドロキノンは単独ではなかなか皮膚に浸透しにくいため効果を出す事が出来ません。その為古い角質をはがす効果のあるトレチノインと併用する事で効果を得る事が出来ます。市販の美白製品では、アルブキン・ユウジ酸プラセンタエキスなどと配合した化粧品や医薬部外品が多数ありますが、成分の作用がハイドロキノンに比べ、非常に弱く、濃度も薄い為、市販されているものでは効果が期待出来ません。

モイスチャーローションとは…

アルコール成分が入っていない、刺激の少ない保水液です。トレチノインを使用すると、皮膚が乾燥してしまい、つっぱりやすくなるのを防ぐ為に使用します。

ビタミンCローションとは…

高濃度のビタミンCが皮膚の深くに浸透する事により、しみ(シミ)、そばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑えたり、老化の原因となる酸化を予防したり、出来てしまったメラニンを取り除く効果があります。他には、トレチノインは刺激が強く皮膚が脱落(めくれる)作用があり、ビタミンCローションを塗る事によって和らげる事ができます。

乳輪色素除去法

①患部を清潔にし、乾いた状態でモイスチャーローションを塗ります。

②ビタミンCローションを塗り少し乾かします。

③トレチノインを綿棒、又は指に取り、色素がある所にだけ、はみ出さないように薄くのせるように塗り、2分程度おき乾かします。

④ハイドロキノンを綿棒、又は指に取り、色素がある所より広めに塗ります。

※1日2回の塗布になりますが、塗布開始からの状態によって回数が異なる場合があります。

※1ヶ月目→①②③④

※2ヶ月目→①②④

※3ヶ月目→1ヶ月間お休み

※1クール3ヶ月単位になり、元々の色素と希望色素によってクール数は異なります。

乳輪色素除去法の注意点

生活制限は特にありませんが、塗布開始から赤みやかゆみが強い様であれば、使用方法が異なってきますので、すぐご連絡下さい。

また入浴の際などに皮膚(薄皮)がめくれあがる事がありますが、心配ありませんので、触らず、そのままにしておいて下さい。

無理に皮膚を剥がしてしまう事で、刺激を与えてしまい、しみや色素沈着をおこしてしまう可能性があります。

2週間~1ヶ月に1回の診察が必要になります。

使用方法

STEP1:患部を清潔にし、モイスチャーローションを塗ります。
STEP2:ビタミンCローションを塗り少し乾かします。
STEP3:トレチノインを綿棒、又は指に取り、色素がある所にだけ、はみ出さないように薄くのせるように塗り、2分程度おき乾かします。
STEP4:ハイドロキノンを綿棒、又は指に取り、色素がある所より広めに塗ります。

生活制限

特に制限はありません。

注意事項

◎赤みやかゆみが強い様であれば、使用方法が異なってきますので、すぐご連絡下さい。また入浴の際などに皮膚がめくれあがる事がありますが、心配ありませんので、触らず、そのままにしておいて下さい。

料金

備考 所要時間 割引料金
乳輪色素除去(外用薬) 乳輪・乳頭の色素をクリームで薄くします (ホームケア) 5分 ¥29,800
乳輪色素除去(レーザー) 乳輪・乳頭の色素をピコレーザーで薄くします 5分 1回 ¥19,800
5回 ¥79,000
10回 ¥108,000
相談受付 予約受付

Q&A

Q.トレチノイン療法中はどういった状態になりますか?
A.乳輪・乳頭に炎症と皮むけがおこりますが、この反応はまったく問題ありません。あまりにも痛みが続くようであれば医師にご相談ください。
Q.通院の必要はありますか?
A.乳輪の色素脱色状態を見るために、必ず通院、診察が必要となります。
Q.1日何回使用すれば良いですか?
A.朝、晩2回使用して下さい。痛みや赤みが強い場合は直に診察して頂き、状態により1日1回の使用になる場合もあります。
Q.トレチノインやハイドロキノンは市販でも購入できますか?
A.非常に強い作用がありますので、医療機関でのみ処方が可能となります。
Q.妊娠中・授乳中でも治療出来ますか?
A.妊娠中の方は治療が出来ません。
Q.治療中注意する事はありますか?
A.入浴時、角質がふやけて脱落しやすい状態になっていますが、こすったり無理に剥がす事は色素沈着を促す原因になりますので気を付けて下さい。紫外線を過剰に受けやすくなっている状態ですので、日焼けしないよう気をつけて下さい。
Q.どの位で効果を実感出来ますか?治療期間はどの位かかりますか?
A.色素により、個人差がありますが1クール3ヵ月になり、3クール程かかる方もいらっしゃいます。
Q.乳輪にハイドロキノンだけを塗って乳輪の色素か薄くなりますか?
A.ハイドロキノンだけでは、浸透性が優れないため、ピーリング効果のあるトレチノインと一緒に使う事により、乳輪の色素を薄くする事ができます。
Q.薬の使用期限はありますか?
A.ハイドロキノン・トレチノインは開封後1ヶ月、ビタミンCローション・モイスチャーローションは3ヶ月となります。
Q.塗った直後すぐ効果は出ますか?
A.当日は何も起こらず、2~3日くらい経つと、色素が浮き上がり角質がポロポロとむけていきます。2週間目位から色素が徐々に落ちてくるのがわかります。
Q.どの位で効果はでますか?
A.乳輪の色素の濃さにより個人差ありますが、1~6ヶ月くらい少しずつ効果が現れていきます。1クール3ヶ月になり、クール数は個人差があります。
Q.治療中にエステのバストマッサージなどにいっても平気ですか?
A.バストマッサージの方法にもよりますが、なるべく使用中は控える様にして下さい。デコルテ部や塗布部への摩擦がなければ問題ありません。

お悩み別

乳輪色素除去に関するページです。美容整形外科・美容皮膚科なら大宮中央クリニック!埼玉県の大宮駅前徒歩2分。医療機関ならではの確かな技術で薄毛治療・婦人科形成・脱毛・プチ整形などのお悩みにお応えします。