しわ・たるみ | 美容整形外科・美容皮膚科の大宮中央クリニック

しわ・たるみ

しわ・たるみ

しわのことでお悩みの方へ

しわとは、肌にできる皮膚の溝であり、しわが出来る元々の要因やしわのタイプも様々です。 真皮を支える土台である肌本来のコラーゲンが減少すると、コラーゲンが伸縮して皮膚に弾力を与える土台機能が低下し、エラスチンやヒアルロン酸も減少してします。 エラスチンやヒアルロン酸が減少してしまえば、真皮層は隙間だらけになってしまい、弾力やハリがなくなりしわが出来やすい肌状態になってしまいます。

お悩み検索

しわが最近気になる ヒアルロン酸ってよく聞くけど? ボトックス注射って効果あるんですか?

しわとは

しわとは、肌にできる皮膚の溝であり、しわが出来る元々の要因やしわのタイプも様々です。

真皮を支える土台である肌本来のコラーゲンが減少すると、コラーゲンが伸縮して皮膚に弾力を与える土台機能が低下し、エラスチンやヒアルロン酸も減少してします。

エラスチンやヒアルロン酸が減少してしまえば、真皮層は隙間だらけになってしまい、弾力やハリがなくなりしわが出来やすい肌状態になってしまいます。

しわの種類

しわは、大きく分けると『表皮性のしわ(浅いしわ)』と『真皮性のしわ(深いしわ)』の2種類に大別されます。

表皮性のしわは、『ちりめんじわ』ともいい、ターンオーバーの低下と角質層の水分量が減少する事で出来る浅いしわ(乾燥しわ)の事です。

真皮性のしわは、真皮中のコラーゲン(膠原線維)やエラスチン(弾力線維)、ヒアルロン酸(酸性ムコ多糖類)などが年齢と共に減少し、お肌のハリや弾力が失われる事で出来る深いしわ(老人性しわ)の事です。

しわの原因

皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層から構成されていますが、しわの原因は加齢により、お肌本来の水分含有量が減少する事や、真皮内のコラーゲンが補われなくなる為に出来る、お肌の老化減少です。

しわの原因には、『乾燥』・『紫外線』・『老化』・『表情』などのいくつかのタイプがあげられます。

乾燥しわとは

季節やエアコンなどによって気温・温度が低くなると、皮脂分泌量が減少したり、皮膚表面・角質層から水分が奪われ肌の水分含有量が減り潤いがなくなります。

角質層には15%の水分が含まれていますが、この15%の水分が蒸発して減ってしまうと肌の乾燥につながります。

乾燥しわ(小じわ)といわれるしわは、この乾燥によって起こる肌の現象です。

この肌が乾燥した状態が続くと、水分保持される細胞ができなくなり、乾燥による小じわだったしわの深さも進行し、大じわとなってしまいます。

紫外線しわとは

紫外線を浴びる事で肌の老化は促進され紫外線しわが増えますが、この紫外線による老化を『光老化』といいます。

紫外線は皮膚表面から真皮までに届きコラーゲン線維に損傷を与え、コラーゲン線維は変形し、肌のハリを失う事でしわができます。

温暖化の影響によって、紫外線は年々強くなっていますので、日焼け止めを塗るなどして、UVケアは肌の老化、しわの防止に非常に重要になります。

また、室内にいる間にも窓からの紫外線、蛍光灯からの紫外線を常に浴びていますので、外出以外にもUVケアは必要になるのです。

老化しわとは

皮膚の老化は、20歳前後をピークとして年々衰えていき、肌老化は常に進んでいきます。

加齢によって皮膚の代謝が衰え、真皮層の機能が低下します。

真皮層の機能が低下することで、皮膚の伸縮作用をおこない肌に弾力を与えているコラーゲンが減少してしまい、ハリと弾力が失われ、しわとなります。

皮膚の老化による機能低下によって、コラーゲンが減少する事で起こる肌の老化現象を老化しわといいます。

しわの出来やすい箇所

加齢とともにお肌(特に首・顔・目尻)の弾力が減少し、しわやたるみになってしまいます。

顔のしわが出来やすい部分は

◇皮脂分泌ゾーン(Tゾーン)以外の目元・口元(Uゾーン)の乾燥しわ

◇額(おでこ)・眉間・目尻・下眼・法令線の表情しわ

◇上眼(アイホール)・目尻・下眼の皮下脂肪組織減少による老化しわ

などがあり、様々な要因が多くのしわを作ってしまいます。

顔のたるみの原因

男女問わず、顔のしわやたるみは年齢と共に、更には脂肪の厚み・皮膚の伸びや重力によって増してきます。
目元・頬・口元・あご・首周りなどのたるみ・しわは、各筋肉の衰え・筋肉のの緩み(ゆるみ)によって現れてきます。
たるみやしわを確実に改善するには、原因である筋肉の処置をしなければリフトアップ効果は得られないのです。
たるみ、しわの原因には主に筋肉の衰え、脂肪の下垂、皮膚の老化、生活習慣などがあげられます。


《筋肉の衰え》
「表情筋」と「深層筋」があり、表情筋は表情を作る筋肉であるため、動かさなければ筋肉はおとろえ、脂肪、皮膚を支えきれなくなります。 深層筋は表情筋を支えている筋肉ですので大元の深層筋が衰えれば表情筋を支えきれなくなります。
《脂肪の下垂》
加齢に伴い新陳代謝が悪くなり、むくんだり、脂肪が付きやすくなります。 皮膚の厚み、脂肪の重みで加齢による下垂、重力の関係で更に下垂したるみに繋がります。
《皮膚の老化》
皮膚は表皮・真皮・皮下組織の3層からできていています。 20歳をピークに新陳代謝が衰え、コラーゲン・エラスチンが減少し、細胞分裂が遅くなります。 この為、肌は弾力・柔軟性が保たれなくなります。
《生活習慣》
◎食生活でのたんぱく質不足
たんぱく質は筋肉を作る大切な栄養源であり、このたんぱく質が不足すると、たるみの原因となります。 たんぱく質は、肉類(牛肉・ささみ)、魚介類(かつおぶし・しらす・あじ・まぐろ)、卵類(卵黄)、大豆製品(豆腐・きなこ)、乳製品(パルメザンチーズ・脱脂粉乳)、乾燥類(焼き海苔)に多く含まれますので普段の食事に積極的に取り入れ、摂取することが大事です。
◎睡眠不足
肌は、22時~2時くらいに、ターンオーバーが活発になると言われ、このゴールデンタイムにしっかりとした質の良い睡眠を取る事が必要です。 睡眠の質も大事ですが、睡眠時間が不足するとホルモンバランスの乱れから肌は衰えてしまいたるみの原因となります。
◎一日中パソコンに向かっている・長時間の携帯機器使用
長時間パソコン操作や携帯機器を使用すると、その間顔は無表情であり、表情筋が衰え、たるみの原因となります。
◎紫外線
紫外線により、コラーゲン・エラスチンの生成が減少し、活性酸素が蓄積され肌の弾力・柔軟性が保たれなくなり、たるみの原因となります。
《乾燥》
肌の水分が不足すると肌の弾力・柔軟性が保たれなくなり、たるみの原因となります。 たるみ、しわには様々な要因があり、体の内外から予防・対策が必要です。 老化・加齢により皮膚は筋肉など組織のハリを失い皮膚表面にしわ(シワ)やたるみ(タルミ)を生じます。顔全体、首、又は額、目元、ほほのたるんだ皮膚、しわ(シワ)を若い頃の様なハリを甦らせる手術がリフトアップ治療になります。

◎額のしわ(シワ)・・・額リフトボトックスヒアルロン酸
◎眉間のしわ(シワ)・・・額リフト ボトックスヒアルロン酸
◎眉毛のたるみ(タルミ)・・・ブローリフト
◎目元のたるみ(タルミ)・・・アイリフト、たるみ(タルミ)取り治療
◎目尻のたるみ(タルミ)・・・こめかみリフト(ポニーテールリフト)ボトックス
◎ほほ・口元のたるみ(タルミ)・・・ミニリフト・フェイスリフト
◎あごのたるみ(タルミ)・・・ミニリフト・フェイスリフト
◎首元のたるみ(タルミ)・・・ミニリフト・フェイスリフトネックリフト

しわ・たるみ

備考 所要時間 割引料金
アプトス 非吸収性の糸でホホのたるみ(タルミ)を改善させます 15~30分 1本 ¥39,800
6本 ¥198,000
ハッピーリフト 吸収性の糸でホホのたるみ(タルミ)を改善させます 15~30分 1本 ¥49,800
6本 ¥248,000
フェイスリフト 目元、ホホ、首もとのたるみ(タルミ)、しわ(シワ)を改善させます(SMAS・リガメント法) 3~4時間 ¥998,000
ミニリフト ほほのたるみ(タルミ)、しわ(シワ)を改善させます (SMAS・リガメント法) 2~3時間 ¥798,000
額リフト 額のしわ(シワ)を改善させます 60~90分 ¥798,000
こめかみリフト 目元のたるみ(タルミ)、しわ(シワ)を改善させます 60~90分 ¥598,000
ネックリフト あご下・首のたるみ(タルミ)・しわ(シワ)を改善させます 90~120分 ¥698,000
ブロー(ブロウ)リフト 下垂した眉を改善させます 60分前後 ¥248,000
相談受付 予約受付

医院紹介

院長挨拶:日本美容外科学会認定専門医として

大宮中央クリニックでは、常に患者様に安心して、安全性の高いハイレベルな美容整形の治療を受けて頂く事を第一に考えております。治療方針は、治療に関して患者様にご負担が少なく、より良い確かな効果を出すことは当たり前です。 特に肌トラブルの悩みは男性・女性にとっても大変深刻であり、まずは患者様のコンプレックスを解消するためには美容外科医としての技術と美的センスが大事です。「美」の基準というものはありませんが、その方の多種多彩のニーズにお答え出来る様、そして進化している医療技術で対応出来る様、スタッフ一丸となって取り組んでおります。

日本美容外科学会認定専門医としてまた全手術担当医である私が責任を持ち、美容整形の専門知識と技術を基盤とし、診察からアフターフォローまで一貫させて頂き、最大限努力して、対応させて頂きます。治療内容、メリット・デメリットなどカウンセリングの徹底により信頼して頂ける病院作りを常に目指しております。 以上、何かと至らぬ点もございますが、皆様のご期待に少しでも添える様、今後も努力精進して参ります。

院長 洪 鍾秀 (ホン・ジョンス)

院長プロフィール

院長の紹介

平成10~13年 日本大学勤務
平成13~16年 中央クリニック勤務
平成16年~ 大宮中央クリニック院長に就任
資格
  • ・日本美容外科学会認定専門医
  • ・麻酔科標榜医
  • ・産業医資格
学会
  • ・日本医師会正会員
  • ・日本美容外科学会正会員
  • ・日本美容外科学会認定専門医
  • ・日本先進医療医師会正会員
  • ・日本レーザー治療学会正会員
  • ・日本麻酔科学会正会員
  • ・麻酔科標榜医

お悩み別

しわ・たるみに関するページです。美容整形外科・美容皮膚科なら大宮中央クリニック!埼玉県の大宮駅前徒歩2分。医療機関ならではの確かな技術で薄毛治療・婦人科形成・脱毛・プチ整形などのお悩みにお応えします。

トップへ