高濃度ビタミン注射(美白注射) | 埼玉の美容整形外科・美容皮膚科なら大宮中央クリニック

スタッフブログ

高濃度ビタミン注射(美白注射)

2019.05.09 |

こんにちは。
5月に入り平成から令和に変わりましたが、相変わらず幼稚園と慣れない小学校の予定に毎日振り回されています(^^;)つい先日、平成最後の幼稚園遠足がありまして東武動物公園に行ってきました。お友達と動物を見て、みんなでお弁当を食べてとても楽しかったみたいです。大人は疲れましたケド、、、。みなさんはGW楽しめましたか?旅行に行った方、普段の疲れを癒すため家でゆっくりされた方もなかなか普段の生活に戻すのは大変ですよね〜⤵私もですが、新たな気持ちで頑張りましょう!
さて今日は美白注射(高濃度ビタミン美白注射)についてお話ししたいと思います。
美白に効果的な高濃度ビタミンCを注入することで、しみ、そばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑え、色素沈着を抑制し身体の内側から高い美白効果を得ることができます。また治療が難しいと考えられている肝斑の治療薬として、トランサミンを体内に取り入れることによって更に効果アップが期待でき、日焼けによるしみ、そばかす、くすみを軽減し肌トラブルを解消し、美容や健康に必要な成分を素早く身体に吸収することができます。
主な成分は
ビタミンB
エネルギーの運搬や老廃物の排出、脂質の代謝をスムーズにし、皮膚や粘膜を健康に保ち肌荒れやにきびを予防します。また神経や皮膚、粘膜の分泌もコントロールし、身体の機能を正常に維持し、新陳代謝を促します。
ビタミンC
しみ、そばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑え、緩和したり、肌の弾力に関するコラーゲン、エラスチンを作る細胞の働きを活性化し、肌の張りやみずみずしさを保つ効果が期待できます。その他にも身体の免疫力を高め、ウイルスを撃退したり、風邪に罹りにくくしたり、発ガン物質を体内に生成するのを抑える効果があります。
トランサミン
肝斑の改善。女性ホルモンに直接作用するのではなく、メラニンを作り出す前の段階でメラノサイトに働きかけて色素沈着抑制効果を発揮します。
週に1〜2回の治療が効果的です。
内服やイオン導入との併用やプラセンタのブレンドもおすすめしております。
ご興味のある方は是非、ご相談ください。
★はやて★

患者様への貢献を第一に、
全手術担当医である私が責任を持ちます!
日本美容外科学会認定専門医/麻酔科標榜医
<Profile>
1998 日本大学医学部 卒業
1998 日本大学病院 勤務
2001 中央クリニック 入局
2004 大宮中央クリニック 院長就任
<所属学会>
日本美容外科学会
日本レーザー治療学会
日本毛髪科学協会
日本麻酔科学会
日本医学脱毛学会
メニューを閉じる
診療科目
Body
Face
Skin care
Other
メニューを閉じる

受付時間 9:30~19:00 年中無休
今すぐ予約する