メンズの肌トラブル(メンズニキビケア)について | 埼玉の美容整形外科・美容皮膚科なら大宮中央クリニック

スタッフブログ

メンズの肌トラブル(メンズニキビケア)について

2019.09.26 |

猛暑も去って少し涼しさを感じるようになってきましたね(^^)

今年の夏は、浴衣を着て大宮祭りへ行ったり、鍾乳洞で涼んだり、渓流釣りしてイワナやニジマスを食べたりと夏を満喫しました(o^∀^o)



皆さんはこの夏いかがお過ごしですか??(^^)夏らしいことしましたか??

ご来院頂いた時に教えてくださいね(o^^o)♪

本日ご紹介するのは男性のニキビケアについてです(^^)

ニキビっていつの間にか色んなところにできてて嫌ですよね〜

なぜ、ニキビができるのか?

ニキビは毛穴に皮脂がたまってしまい上手く排出されないためにおこります。

皮脂が毛穴にたまってしまうとそれをエサにアクネ菌が繁殖し炎症を起こさせてしまいます。

もともと皮脂分泌が多い体質の人は小さい頃から赤ニキビが多くニキビ顔になってしまいがちです。

また、角質や垢が蓄積し毛穴を塞いでしまうこともあげられます。

これらの炎症の程度によって軽度~重度にわけられ、ケア方法が異なってきます。

皮脂が多くなる原因

皮脂が多くなってしまう原因には様々あります。

・生活習慣の乱れ
・食習慣の乱れ(脂っぽいものばかり食す)
・ストレス
・睡眠不足
・髭剃りによる肌への刺激
・男性ホルモンが増えること(加齢に伴って男性ホルモンは増えていく)
・汗をかきやすいひと
・汗をかいたあと放置しまいがちなひと
・洗顔を何日もしないひと

思春期になると男性ホルモンが増え始めます。

更に野球やサッカー、バスケなど部活動が盛んになってくる時期でもあり、
すぐに汗を拭き取ることは難しい環境は皆さん体験があると思います。

シャツの袖で拭ったり、綺麗ではない手で拭ったり、、、

続けてしまうと不潔にしてしまっていることや摩擦によってニキビに繋がる要因となります。

清潔にすること、摩擦などの肌への刺激によって傷ついてしまった肌に潤いを与え、肌細胞の修復をすることが必要となります。

ケミカルピーリングとは?

2つの薬剤を使って肥厚してしまった角質を溶かし、角質や 毛穴に詰まっているアクネ菌・汚れを綺麗に取り除きます。

肌にはいくつかの層があり、肌表面を覆っている一番外側の層を角質層といい、

普段は紫外線などの外部の刺激から守る役割があります。

ケミカルピーリングの治療直後は角質層が溶かされることで肌表面のはザラザラした感じが除去され、外部刺激から肌を守るバリア機能が減少してしまいます。

そのため、ケミカルピーリングの治療後の保湿はしっかりとする必要があります。

また、ケミカルピーリングをすることによって新陳代謝を促進してくれたり、肌の弾力性を保つコラーゲンやエラスチンが増殖していくため、
続けることで肌の弾力やツヤ感がでてくるようになります。

ニキビ跡の原因のひとつに紫外線によるものがあります。

この紫外線を受けることによってメラニンという色素細胞が活性化してしまい、色素沈着の原因になってしまいます。

このメラニンが過剰に作られたり色素沈着などにより、肌サイクルは乱れてしまいます。

乱れてしまった肌サイクルを正常化させるのがケミカルピーリングです。

この肌サイクルをターンオーバーといい、は通常28日周期でおとずれますが、加齢によって肌サイクル(ターンオーバー)がどんどん長くなってしまいます。

続けることでこのターンオーバーの正常化・短縮の効果もあります。

ケミカルピーリングの流れについて

①洗顔をして頂きます。

治療前の洗顔は必須となり、皮脂を洗い流して頂ます。コンタクトもとって頂きます。

②治療前の写真を取ります。

③薬剤を塗布します。(2種類)
とくに新たな肌トラブルがなければ強い薬に変えたり、時間を長くとることでより効果を高めていきます。
より効果を実感して頂くために、その方の肌の状態や回数に応じて看護師が使用する薬を調節していきます。



④薬剤をとります。
2種類の薬剤と、薬剤によって溶けた角質を一緒に取り除きます。

⑤薬剤を中和するマッサージをします。
ひんやりと冷たいジェルを使用し、その部位に応じたマッサージをしていきます。

⑥冷えたタオルで冷やしながら残った薬剤と中和の冷えたジェルを拭き取っていきます。

⑦一度水で洗い流します(顔の場合のみ)。
洗顔フォームは使わず水のみで洗い流して頂き、イオン・プラセンタ導入に移行します。

イオン・プラセンタ導入とは?

肌のバリアゾーンを破って、普段のケアでは不可能な肌の深層にまで美容成分を届けることができます。

微弱の電流により美容成分をイオン化させ、イオン化した美容成分を導入するパック治療となります。

ケミカルピーリングとイオンビタミン導入をセットで行うことによって、美容成分の浸透率をあげることが可能となります。

ケミカルピーリングの後は保湿を十分にしなければなりませんので、イオン・プラセンタ導入による保湿が大切になります。

帰宅するまでにも紫外線などの肌への刺激は常につきまといます。

そのため、当院にいる間に保湿までしっかりとして頂くことがBESTです。

保湿をするまでがニキビケアとなります。

導入する美容成分とは?


⑴高濃度ビタミンC
・増殖してしまったメラニン(色素細胞)を元の状態に戻す(黒く変色した細胞を白く還元させる)力があります。

⑵トランサミン
・しみ、肝斑に効果がある薬剤でメラニンが作り出されるのをくいとめる力を持っています。
・増殖したメラニンを白く戻します。

⑶プラセンタ
・本来あるべき肌状態へと戻す力を持っています。
・様々な栄養素を多くもっており健康へと導きます。
・肌細胞の修復や再生をしてくれます。

イオン・プラセンタ導入の流れについて

(ケミカルピーリングが終わった後)コンタクトや貴金属類は外して頂き治療となります。

①微弱な電流を流し美容成分をイオン化させるため、利き手に電気を通りやすくさせる電極棒を持って頂きます。

②美容成分の薬剤をのせます。目元ギリギリまで薬剤をのせますので治療中は目を閉じて頂きます。

③濡れたマスクをのせます。

④電極を塗れたマスクに繋げます。

⑤電流を流します。電極棒を持っている利き手にピリピリとしたしびれる感覚が多少あります。

⑥濡れたマスクの上から再度、美容成分の薬剤をのせマスクに浸透させます。

気分不快・痛みがないか伺いながら電流の強さを調節します。



⑦保湿ジェルをのせます。

⑧濡れたマスクをのせたまま時間をおきます。

⑨温めながらマスクを再度濡らします。

⑩時間がきたら電気をオフしマスクをとります。

⑪化粧室でパッティング、UVケアして頂きます。

通院間隔について

2週間に1度の間隔となります。

日常生活で気をつけること

・紫外線を予防する
・日常生活や食生活の改善
・毎日肌を清潔に保ち、よく保湿する

営業職の方や接客業の方はやはり第一印象が大事ですよね(^^)

特に清潔感というのは大事ですよね。

肌状態が改善されれば好感度があがるのは間違いなしです!

ご興味あれば是非ご相談ください(o^∀^o)

ケミカルピーリングを詳しくご覧になりたい方はこちらをご覧ください >

イオン導入を詳しくご覧になりたい方はこちらをご覧ください >

★看護師:かるび★

患者様への貢献を第一に、
全手術担当医である私が責任を持ちます!
日本美容外科学会認定専門医/麻酔科標榜医
<Profile>
1998 日本大学医学部 卒業
1998 日本大学病院 勤務
2001 中央クリニック 入局
2004 大宮中央クリニック 院長就任
<所属学会>
日本美容外科学会
日本レーザー治療学会
日本毛髪科学協会
日本麻酔科学会
日本医学脱毛学会
メニューを閉じる
診療科目
Body
Face
Skin care
Other
メニューを閉じる

受付時間 9:30~19:00 年中無休
今すぐ予約する